●新読書会のお知らせ

 

 

「バッチ博士の人生から辿る
38種のフラワーレメディー」
(全6回)

 

本書『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』を通じて

 

フラワーレメディーの開発者、エドワード・バッチ博士の
人生をたどりながら、バッチ・フラワーエッセンス38種類を

読み深めます。

 


自分や他の人にフラワーエッセンスを選ぶ時、

バッチ博士がどんな背景で
そのレメディーを発見したのかを知っていると、

とてもよい参考になります。

 

エッセンスをもっと知って活用したい方、
長い利用経験をお持ちで、さらに理解を深めて

役立てていきたい方に。

 

本書には、

 

人と共鳴する植物のジェスチャーとともに、

 

バッチ博士の人生とフラワーレメディーの発見過程について
とても詳しい考察がなされています。

 

1928年、バッチ博士は、


何事も早く済ませることを好み、
イライラしがちな性格タイプを助ける
「インパチェンス」を発見しました。

このエッセンスは、バッチ博士自身の
短気で神経過敏な性質を助けるレメディーだったと
と考えられています。

 

そして、前例のない全く新しい治療体系を

築いていくうえで、

 

想像力を豊かに生かしながら、
現実的に研究を進め
形にしていく後押しとなる
「クレマチス」と、

恐れを乗り越えるための
「ミムラス」を発見しました。

 

その後、1930年には
朝露にヒントを得て、

自然界の4つのエレメント
(地、水、火、風)を生かした
作り方(太陽法)を開発し、


海辺の町、クローマーで
6種のエッセンスを作りました。

 

バッチ博士は1935年までに
全部で38種のフラワーエッセンスを発見し、
体系を完成させましたが、

その過程では、

博士自身が研究、観察を重ねながら、
さまざまな人生経験を経て、

 

植物との共感力を強め、
心の高い領域とつながり、


メッセージを受け取る感覚を

研ぎ澄ませていったと
とらえられています。

 

人の生まれ持つ、
基本的な性格タイプに対応する
12種のエッセンスを開発した後、

成長過程で形づくられる

慢性的な心理状態や思いぐせ、行動パターンに
対応する7種のレメディーを発見しましたが、

そのきっかけは、
テムズ川のほとりで寝転んでいる時に
受け取ったメッセージでした。

 
さらに1935年、
19種類を発見し、
38種類のフラワーレメディーの体系が
完成しました。

この後半の19種類は、
バッチ博士自身の体調が非常に悪く
心身ともに、とても消耗していた時、


改善を促すレメディーとして
発見されましたが、

それは、
誰もが日々を過ごす中で
陥りがちな心理状態であり、

 

私たちはこのような感情の起伏を

経験しながら、内的に成長しています。

 

謎に包まれた部分も多い
バッチ博士の人生ですが、

 

この会では、
バッチ博士とフラワーエッセンス研究の
第一人者である著者の記述を読み深めながら、

 

訳者が翻訳中に参照した資料や
カギとなる言葉、
他に知り得る情報も生かし、

 

博士の当時の経験と、
その時発見されたレメディーとの
繋がりに焦点を当て、

 

現代に生きる私たちにも有効な
38種のフラワーエッセンスを学びます。

 


●この会で学べること
・誰もが経験する心理状態の種類
・心の状態に対応する38種類
・開発者エドワード・バッチ博士の考えと生き方
・非凡な人も経験し得る平凡な感情
・博士の人生の局面とその時発見された
エッセンスの特性

 

●こんな方におすすめです

・本書を愛読している方、仲間と読み深めたい方

・本書を持っているが、なかなか読む機会を持てない方

・38種のレメディーのことを、開発者の人生経験もふまえて
知りたい方
・日常的にストレスがあり、
心穏やかに過ごすサポートにエッセンスを使いたい方
・フラワーレメディー(エッセンス)をある程度知っていて、
これから実践的に使っていきたい方
・フラワーレメディーをのんだことはあるが、
まだあまり実感していない方
・バッチ・フラワーレメディーを日々使っていて、
周りの人にも選んであげたい方
・自分のセラピーやワークに役立てたい方

 

 

●この会に参加すると・・・

・その日に読んだエッセンスの視点で

 自分の傾向や状態をとらえられ、

 今の立ち位置や方向性をあらためて見直すことができます

・著者がエッセンスを作り、代表を務めるヒーリングハーブ社の
バッチ・フラワーエッセンスを自由に試せます
・仲間とエッセンスや心の問題について話し合えます
・エッセンスをより積極的に生かすポイントが身に付きます
・人にエッセンスを説明するための情報の引き出しが増え、
その人に合った説明をしやすくなります
・毎月の読書会(日曜・午後開催)に特別価格で参加できます
 

 

 新読書会

 『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』

 

  「バッチ博士の人生から辿る
38種のフラワーレメディー」
(全6回)

* ガイド役:谷口みよ子(本書訳者)

 * 日程:10月12日(水) 11月16日(水)12月14日(水) 
2017年1月11日(水)2月8日(水)3月8日(水)
* 時間:13:30〜16:30

 * 会費:30,000円(6回分・税・テキスト代込)
* 会場:下北沢・マヒナファーマシーストア
小田急線/京王井の頭線「下北沢駅」南口改札より徒歩4分。
東京都世田谷区代沢5丁目29ー17
TEL & FAX 03-6805-4545
* 持ち物:
筆記用具、『バッチのフラワーレメディー 

     植物のかたちとはたらき』『エドワード・バッチ著作集』

     お持ちの方は『バッチフラワー 内なるエッセンス』        

* 主催:フラワーレメディー・プログラム・ジャパン

 

        お問合せ・お申込みはこちら >>

 

 


コメント
コメントする








   


ジュリアン・バーナード著
谷口みよ子訳
3,000円+税 B5変型 350頁
英国フラワーレメディー・
プログラム発行
→ご購入は公式ホームページ

profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM