●「チェストナット・バッド」の発見

  

 

「...バッチは当時、このレメディーについて、
  
どのようなことを考えていたのでしょうか。
  
このレメディーの教訓とは何だったのか、 
  
あるいはなぜ経験から学んでいないと
  
感じたのでしょうか。
  

ことによると、
  
研究のこと、
  
あるいは人間関係のことを
  
気にかけていたのかもしれません。
  
  
また第三には、
  
彼自身の生きる目的の進展について、
  
心配していた可能性もあります。
  
私たちは憶測することしかできません。
  
しかし、彼の置かれていた状況を
  
よく考えると、
  
チェストナット・バッドの

  
意味の背景を理解できます。...」

 

(『バッチのフラワーレメディー

    植物のかたちとはたらき』より)

 

 

  

 

 

2月の新読書会


□8日(水)13:30〜16:30


バッチ博士の人生から辿る
  38種のフラワーレメディー」第5回


 *内容(予定)

 ・後半の19種(セカンド19)(2) 

 ・ソットウェルで作られた煮沸法のレメディー

 ・当時のバッチ博士の心理状態と体調

 ・仲間に宛てたメッセージ など

 

 ※《2名様》単発参加のお申込み受付中です。

 

  ■詳細 >>  ■お申込み >>

 

 

 

2月の日曜 読書会

 

12日(日)14:00〜17:00


 *第7章「『12ヒーラーズ』の完成」から

  ウォーター・バイオレット(p.119〜)を読む会

  

  読書会の概要 >>


  お申込みはこちら >>

 

 

 

 

 

 

  本 本書のご購入はこちら >>

 

 

 

 

 

 

 


●煮沸法

 

 

「『12ヒーラーズとその他のレメディー』に
  
記載された煮沸法の説明は簡潔です。
  
ここで取り上げたものは、
  
清潔で純粋な水に
  
30分間煮沸されました。


●「セカンド19」のレメディーと煮沸法

 

 

「後半の新しいレメディーは、
  
 新しい製法で作られました。
  
  
 後半の19種は全て『太陽法』で
  
 生成されましたが、

  
 その後バッチは『煮沸法』を
  
 用いるようになりました。
  
  
 彼は説明を残していないので、
  
 その理由は分かりません。
   
  
 確かに、チェリー・プラム
  
 エルムアスペンのレメディーを作った
  
 2月から3月の天気は、
  
 差し迫った問題だったでしょう。
  
  
 彼は苦痛を伴う感情状態に
  
 苦しんでいたので、
  
 すぐにエッセンスを作る必要が
  
 ありました。
  
  
 1年の初めのこの時期に、
  
 雲ひとつない晴天を待っていたのでは、
  
 いつレメディーを作れるのか
  
 分からなかったはずです。
  
  
 さらにノラ・ウィークスは、
  
 『初春の太陽の光はまだ強くなかった...』
  
 と記しています。
 


●「セカンド19」の特徴

 

 

「 バッチ博士は1935年、
  
 3月から7月までの5か月間に
  
 19種の新しいレメディーを発見しました。
  
 平均すると、ほぼ毎週1種類のレメディーを
  
 発見していたことになります
  
 (前半の19種の発見には6年かかりました)。
  
   
 その発見過程が
  
 非常に疲労を伴うものであったことは
  
 間違いありません。
  

 なぜなら、
  
 毎回新しいレメディーを発見する前に、
  
 そのレメディーが助けとなる感情状態を
  
 強烈に体験したからです。

  
  

 一度レメディーの状態が始まると、
  
 感情的、精神的に激しい起伏を体験し、
  
 突然襲ってくる症状を和らげる植物を
  
 見つける必要に迫られました。
  

  

 この冬の間、
  
 バッチは気持ちが落ち着かなくなると、
 
 それが新しいレメディーを発見するしるしと
 
 感じていたことを、
 
 ウィークスは記しています。
    

  

 それ以前の他のレメディーとは異なり、
  
 事前に計画されていなかった点が、
  
 セカンド19(後半の19種)の特徴です。
  
  
 これらのレメディーは、
  
 理論よりも直接の経験という炎の中で、
  
 形を成していきました。...」

  

 

(『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』より)

 

 

 

 

2月の新読書会


□8日(水)13:30〜16:30


バッチ博士の人生から辿る
  38種のフラワーレメディー」第5回


 *内容(予定)

 ・後半の19種(セカンド19)(2) 

 ・ソットウェルで作られた煮沸法のレメディー

 ・当時のバッチ博士の心理状態と体調

 ・仲間に宛てたメッセージ など

 

 ※《2名様》単発参加のお申込み受付中です。

 

  ■詳細 >>  ■お申込み >>

 

 

 

2月の日曜 読書会

 

19日(日)14:00〜17:00


 *第7章「『12ヒーラーズ』の完成」から

  ウォーター・バイオレット(p.119〜)を読む会

  

  読書会の概要 >>


  お申込みはこちら >>

 

 

 

 

 

 

  本 本書のご購入はこちら >>

 

 

 

 

 

 

 


●「セカンド19」発見後のバッチ博士

 

 

「エドワード・バッチは、

  

過去半年間に経験したことで

  

かなり疲労していましたが、

  

休息をとる十分な機会を

  

もてずにいました。
    

 

患者の数は増す一方で、
  
彼と助手たちは、
  
これにかかりっきりでした。
  

フラワー・レメディーの使い方を
  
習いにくる人は多く、
  
素晴らしい結果を
   
えた人たちからの手紙が

 

全世界から
  
寄せられていました。
  
  
 このことは彼をたいへん満足させました。
  
彼の仕事の大目的は、
  
医学知識をもつかどうかに関わらず、
  
誰もが使える薬と治療法を
  
発見することにあったからです。
  

 

病気治療は限られた数の人間の手にのみ
  
任されるべきではない。
  

それは治療で役立ちたいと願う
  
すべての人の特権である、と
    
彼は強く感じていたのです。...」

 

エドワード・バッチ 心を癒す花の療法
  ―フラワー・セラピーの世界』より

 

 ノラ・グレー ウィークス (著),
 中央アート出版社 (刊)

 

 

 

2月の新読書会


□8日(水)13:30〜16:30


バッチ博士の人生から辿る
  38種のフラワーレメディー」第5回


 *内容(予定)

 ・後半の19種(セカンド19)(2) 

 ・ソットウェルで作られた煮沸法のレメディー

 ・当時のバッチ博士の心理状態と体調

 ・仲間に宛てたメッセージ など

 

 ※《2名様》単発参加のお申込み受付中です。

 

  ■詳細 >>  ■お申込み >>

 

 

 

2月の日曜 読書会

 

19日(日)14:00〜17:00


 *第7章「『12ヒーラーズ』の完成」から

  ウォーター・バイオレット(p.119〜)を読む会

  

  読書会の概要 >>


  お申込みはこちら >>

 

 

 

 

 

 

  本 本書のご購入はこちら >>

 

 

 

 




ジュリアン・バーナード著
谷口みよ子訳
3,000円+税 B5変型 350頁
英国フラワーレメディー・
プログラム発行
→ご購入は公式ホームページ

profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM