●「ラーチ」のレメディーの発見

 

「次のレメディー、
    
ラーチ(和名:オウシュウカラマツ)は
  
決して物事を成し遂げられないと感じている』人、
  
つまり自分を十分信頼できない人の力になります。
  
これは、チェストナット・バッドの経験の後に
  
自然と続く状態です。
  

 

たとえ学ぶべき教訓を理解できても、

  

依然としてうまくいかないだろうと
  
感じているかもしれません。
  

 

人生の目的を果たすために
  
すべきことがはっきり分かっていても、
  
自分のことを、
  
周囲の人と同じくらい力がある、
  
すなわち有能だと考えられない
』ため、
  
二の足を踏んでしまいます。
  

 

バッチは再び自問し、
  
自己不信に陥っていたようです。...」

 

 

(『バッチのフラワーレメディー

    植物のかたちとはたらき』より)

 

 

 

 

2月の新読書会


□8日(水)13:30〜16:30


バッチ博士の人生から辿る
  38種のフラワーレメディー」第5回


 *内容(予定)

 ・後半の19種(セカンド19)(2) 

 ・ソットウェルで作られた煮沸法のレメディー

 ・当時のバッチ博士の心理状態と体調

 ・仲間に宛てたメッセージ など

 

 ※《2名様》単発参加のお申込み受付中です。

 

  ■詳細 >>  ■お申込み >>

 

 

 

2月の日曜 読書会

 

12日(日)14:00〜17:00


 *第7章「『12ヒーラーズ』の完成」から

  ウォーター・バイオレット(p.119〜)を読む会

  

  読書会の概要 >>  お申込みはこちら >>

 

 

 

 

 

 

  本 本書のご購入はこちら >>

 

 

 

 

 


●「チェストナット・バッド」の発見

  

 

「...バッチは当時、このレメディーについて、
  
どのようなことを考えていたのでしょうか。
  
このレメディーの教訓とは何だったのか、 
  
あるいはなぜ経験から学んでいないと
  
感じたのでしょうか。
  

ことによると、
  
研究のこと、
  
あるいは人間関係のことを
  
気にかけていたのかもしれません。
  
  
また第三には、
  
彼自身の生きる目的の進展について、
  
心配していた可能性もあります。
  
私たちは憶測することしかできません。
  
しかし、彼の置かれていた状況を
  
よく考えると、
  
チェストナット・バッドの

  
意味の背景を理解できます。...」

 

(『バッチのフラワーレメディー

    植物のかたちとはたらき』より)

 

 

  

 

 

2月の新読書会


□8日(水)13:30〜16:30


バッチ博士の人生から辿る
  38種のフラワーレメディー」第5回


 *内容(予定)

 ・後半の19種(セカンド19)(2) 

 ・ソットウェルで作られた煮沸法のレメディー

 ・当時のバッチ博士の心理状態と体調

 ・仲間に宛てたメッセージ など

 

 ※《2名様》単発参加のお申込み受付中です。

 

  ■詳細 >>  ■お申込み >>

 

 

 

2月の日曜 読書会

 

12日(日)14:00〜17:00


 *第7章「『12ヒーラーズ』の完成」から

  ウォーター・バイオレット(p.119〜)を読む会

  

  読書会の概要 >>


  お申込みはこちら >>

 

 

 

 

 

 

  本 本書のご購入はこちら >>

 

 

 

 

 

 

 


●煮沸法

 

 

「『12ヒーラーズとその他のレメディー』に
  
記載された煮沸法の説明は簡潔です。
  
ここで取り上げたものは、
  
清潔で純粋な水に
  
30分間煮沸されました。


●「セカンド19」のレメディーと煮沸法

 

 

「後半の新しいレメディーは、
  
 新しい製法で作られました。
  
  
 後半の19種は全て『太陽法』で
  
 生成されましたが、

  
 その後バッチは『煮沸法』を
  
 用いるようになりました。
  
  
 彼は説明を残していないので、
  
 その理由は分かりません。
   
  
 確かに、チェリー・プラム
  
 エルムアスペンのレメディーを作った
  
 2月から3月の天気は、
  
 差し迫った問題だったでしょう。
  
  
 彼は苦痛を伴う感情状態に
  
 苦しんでいたので、
  
 すぐにエッセンスを作る必要が
  
 ありました。
  
  
 1年の初めのこの時期に、
  
 雲ひとつない晴天を待っていたのでは、
  
 いつレメディーを作れるのか
  
 分からなかったはずです。
  
  
 さらにノラ・ウィークスは、
  
 『初春の太陽の光はまだ強くなかった...』
  
 と記しています。
 


●「セカンド19」の特徴

 

 

「 バッチ博士は1935年、
  
 3月から7月までの5か月間に
  
 19種の新しいレメディーを発見しました。
  
 平均すると、ほぼ毎週1種類のレメディーを
  
 発見していたことになります
  
 (前半の19種の発見には6年かかりました)。
  
   
 その発見過程が
  
 非常に疲労を伴うものであったことは
  
 間違いありません。
  

 なぜなら、
  
 毎回新しいレメディーを発見する前に、
  
 そのレメディーが助けとなる感情状態を
  
 強烈に体験したからです。

  
  

 一度レメディーの状態が始まると、
  
 感情的、精神的に激しい起伏を体験し、
  
 突然襲ってくる症状を和らげる植物を
  
 見つける必要に迫られました。
  

  

 この冬の間、
  
 バッチは気持ちが落ち着かなくなると、
 
 それが新しいレメディーを発見するしるしと
 
 感じていたことを、
 
 ウィークスは記しています。
    

  

 それ以前の他のレメディーとは異なり、
  
 事前に計画されていなかった点が、
  
 セカンド19(後半の19種)の特徴です。
  
  
 これらのレメディーは、
  
 理論よりも直接の経験という炎の中で、
  
 形を成していきました。...」

  

 

(『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』より)

 

 

 

 

2月の新読書会


□8日(水)13:30〜16:30


バッチ博士の人生から辿る
  38種のフラワーレメディー」第5回


 *内容(予定)

 ・後半の19種(セカンド19)(2) 

 ・ソットウェルで作られた煮沸法のレメディー

 ・当時のバッチ博士の心理状態と体調

 ・仲間に宛てたメッセージ など

 

 ※《2名様》単発参加のお申込み受付中です。

 

  ■詳細 >>  ■お申込み >>

 

 

 

2月の日曜 読書会

 

19日(日)14:00〜17:00


 *第7章「『12ヒーラーズ』の完成」から

  ウォーター・バイオレット(p.119〜)を読む会

  

  読書会の概要 >>


  お申込みはこちら >>

 

 

 

 

 

 

  本 本書のご購入はこちら >>

 

 

 

 

 

 

 




ジュリアン・バーナード著
谷口みよ子訳
3,000円+税 B5変型 350頁
英国フラワーレメディー・
プログラム発行
→ご購入は公式ホームページ

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM