「植物のことば(2)」

「…… クレマチスの種子が、時期が来るまで待ち続ける様子や、 風によって切り離され、解放された種子が未来に向かって飛び去る様子には深い意味があります。

バッチ博士は、羽毛のついた種子は、いつでも吹き飛ばされて再出発することにあこがれていると述べています」 
―― ジュリアン・バーナード


(バッチ教育リソース「かたちとはたらき」の『植物のことば』より)
 写真・文章の無断複写・転写は禁止されています。© J. Barnard/Healing Herbs

http://bacheducationalresource.org/r/i/essence-ja/60


「植物のことば(1)」

「…… 全ての植物は、種子の発芽から始まります。

種子が発芽するまでの様子によって、私たちたちはその植物の性質を知ることができます。

クレマチス、セラトー、ワイルド・ローズのように、冬の間ずっと親株に種子がついたままの植物もあれば、

インパチェンスのように、開花後、数日内に種子を放出する植物もあります」
 ―― ジュリアン・バーナード
 
(バッチ教育リソース「かたちとはたらき」の『植物のことば』より)

写真・文章の無断複写・転写は禁止されています。© J. Barnard/Healing Herbs

http://bacheducationalresource.org/r/i/essence-ja/60

「植物のことば」

バッチ教育リソースは、著者が代表を務めるヒーリング・ハーブスの公式ウェブサイト上にある、無料のラーニング・プログラムです。フラワーレメディーを知ろうとする誰もが利用できます。

その中の「かたちとはたらき」は、本書に直接関連しています。その導入の「植物のことば」を、次回からご紹介します。

ブログがスタートしました

今日からブログがスタートしました。
本書を日本でより広く、多くの方に読んでいただけるよう、ウェブサイトやブログ、Facebook/Twitterなどを通じて、インフォメーションをお伝えします。
おもにバッチ教育リソースの動画での著者の説明や、本書の文章をご紹介します。

☆公式ホームページ
公式ホームページ
日本語版に未収録の各版のまえがき著者のプロフィール等を掲載しています。




ジュリアン・バーナード著
谷口みよ子訳
3,000円+税 B5変型 350頁
英国フラワーレメディー・
プログラム発行
→ご購入は公式ホームページ

profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM