「植物のことば(8)」

「茎には、インパチェンスのように、力強く、明確で、真っすぐに伸びて、感情がはっきりと手に取るようにわかるものもあれば、スクレランサスのように、枝分かれして、向きもいろいろで、感情の変わりやすい性格を示しているものもあります」
―― ジュリアン・バーナード
(バッチ教育リソース「かたちとはたらき」の『植物のことば』より)

写真・文章の無断複写・転写は禁止されています。© J. Barnard/Healing Herbs
http://bacheducationalresource.org/r/i/essence-ja/60

「植物のことば(7)」

「…… 根が地中にあり、土のエレメントに関連しているとすれば、茎は、その植物内の水とエネルギーの分配に関連しています。
そして水は感情に関連するエレメントと言われています。
たぶん、感情は身体のエネルギー駆動源なのでしょう」
―― ジュリアン・バーナード
(バッチ教育リソース「かたちとはたらき」の『植物のことば』より)
写真・文章の無断複写・転写は禁止されています。© J. Barnard/Healing Herbs
http://bacheducationalresource.org/r/i/essence-ja/60

「植物のことば(6)」

「…… 根の違いは、その植物がどのように成長するのか、どのようにレメディーのタイプに至るのかを示しています。

例えば、チコリーの苗は、親株(母親)の足元で成長します。そしてチコリーの根は、深くて、強いのです。
このことからチコリーのレメディータイプについて知ることができます」
―― ジュリアン・バーナード

(バッチ教育リソース「かたちとはたらき」の『植物のことば』より)
写真・文章の無断複写・転写は禁止されています。© J. Barnard/Healing Herbs
http://bacheducationalresource.org/r/i/essence-ja/60

「植物のことば(5)」

「…… これはソラマメの種子ですが、最初に出てくる芽は、空中へ上に向かって伸びるのではなく、土の中へもぐっていきます。
成長は、まず下に向かって根を生やすことから始まります。

このことは、エレメントがどのように組み合わされるのかを象徴しています。

水が成長をもたらしますが、最初の成長は下に向かって物質界の暗がりの中へ、光から遠ざかるように延びるのです」―― ジュリアン・バーナード

(バッチ教育リソース「かたちとはたらき」の『植物のことば』より)

写真・文章の無断複写・転写は禁止されています。© J. Barnard/Healing Herbs

http://bacheducationalresource.org/r/i/essence-ja/60


「植物のことば(4)」

「……(種子の) 次の段階である発芽は
 非常にバラエティーに富んでいます。

……インパチェンスの発芽が迅速で確実なことは、たぶん見当がつくと思います。ワイルド・ローズの発芽が遅く、不確実なことも驚くにはあたらないでしょう。発芽にあたって、実際にどんなことが起こるのか観察するのは興味深いことです」
      ―― ジュリアン・バーナード

(バッチ教育リソース「かたちとはたらき」の『植物のことば』より)

写真・文章の無断複写・転写は禁止されています。© J. Barnard/Healing Herbs

http://bacheducationalresource.org/r/i/essence-ja/60




ジュリアン・バーナード著
谷口みよ子訳
3,000円+税 B5変型 350頁
英国フラワーレメディー・
プログラム発行
→ご購入は公式ホームページ

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM